<?php the_title(); ?>

プロ雀士の収入・稼ぎ方について|給料形態とオンライン麻雀で稼ぐ方法

 

 

プロ雀士を目指す上で目を背けることができない問題。
そのうちの1つが間違いなく収入面ですよね。

 

テレビに引っ張りだこのプロ雀士の年収も大切ですが、

その他大勢の埋もれているプロの平均収入額もしっかり理解しながら、

今後の方針や対策も検討してみましょう!

プロ雀士の収入・給料形態とは??

プロ雀士を目指す際に最も気になるのが収入面です。

 

麻雀プロの平均的な年収はよくて300万円、

稼げない人だと月収20万円いくかどうか、といったところが現状です。

 

 

まず、プロ雀士として資格を取っただけでは給料は得られません。
というより、プロ団体への入会金や年会費などで逆に支払うことになります。

また、所属団体が主催する大会への半強制参加も、交通費等すべて自腹です。。

 

 

メディア等によく露出している麻雀プロや

名前の知られているプロ雀士で大体年収500~600万、

最高レベルでも800万円行けばいいくらい、とも言われています。

 

 

ですが、プロ雀士としての収入が500万円を超えているのは本当に一握りで、

あとは月収10万円やそれ以下のプロ雀士もいる、

ということもしっかり認識しておく必要があります。

プロ雀士の稼ぎ方

プロ雀士の稼ぎ方の例として、以下が挙げられます。

 

【本職としての収入源】

 

・大会で入賞し、賞金を獲得する
・フリー雀荘に勤務する(メンバーさんとして自腹勝負も)
・執筆活動、雑誌コラム担当
・各種イベントへの参加
・グラビアやモデル活動を展開(女流プロ雀士)
・各種ゲームとタイアップ

 

その他に、副業的に行う稼ぎ方も紹介しておきます。

 

【本業以外の収入源】

 

・本業、本職を別で持つ(サラリーマンプロ雀士)
・オンライン賭け麻雀で稼ぐ
・インターネットビジネスに挑戦する

 

 

このほかにも様々な稼ぎ方があるとは思いますが、

プロ雀士として食べていきたいのであれば、

 

まずは収入や稼ぎ方に対しても明確に、

かつ具体的なライフプランを立てることをお薦めします。

 

(参考記事)

▼「麻雀を本職にするための戦略について」>>

オンライン麻雀でも稼げる方法、知っていますか??

オンライン麻雀で強くなるのは今後プロ雀士として生きていく上で

非常に強力な武器にすることができます。

 

 

ですが、多くのオンライン麻雀は無料サービスであり、

9割のプレイヤーは「暇つぶし」「楽しむ」ことを目的として

惰性の中で打っているのが現状です。

 

 

しかし、ガチなプレイヤーしか参加しないオンライン麻雀で、

かつお金を稼ぐことができる麻雀ゲームがあります。

 

 

それがDORA麻雀です。

 

 

 

 

 

DORA麻雀は合法的に賭け麻雀ができる、

日本で唯一のネット麻雀ゲームですが、

 

「そもそも自腹切って賭けていること」が

ガチで勝負できる環境を造っています。

 

 

また、高レート卓では1万を超える額が動くので、

高レートであればあるほどプロ雀士以上の実力者が集まっています。

 

 

あなたが高レートでも勝てるレベルなら、

DORA麻雀の高レート卓は絶好の稼ぎポイントですし、

かつ本気の勝負ができるのでオンライン麻雀の実力も付きます。

 

 

あなたの明るい未来を支える大切な収入源の、1つの選択肢として、

DORA麻雀も有効活用できると非常に便利ですね。

 

 

最新の記事一覧

ページ上部に