<?php the_title(); ?>

プロ雀士になる方法と試験内容|麻雀を職業にするための基本ステップ

「麻雀を職業にできたらいいなぁ。」

 

そう考えているあなたにとって、

プロ雀士になる方法や試験内容は大切な情報ですよね。

そこで今回は、麻雀プロになる流れと試験内容を紹介します。

 

 

自分が実際に行動しているイメージを

頭で描きながら目を通してみてくださいね。

 

とにかく麻雀で稼ぎたい!という方はコチラの記事もチェック>>

プロ雀士になる方法とは??

プロ雀士になる方法はいたってシンプルです。

 

「プロ団体のプロ試験を受けて合格する」

 

これだけです。

 

 

麻雀業界にはプロ団体が複数存在していますが、

組織である以上、当然方向性や理念が異なっているので、

 

まずは各団体の公式HPを調べて活動理念や内容、

待遇などをしっかり把握しましょう!

 

 

また、プロ受験の申し込み方法も各団体のHPに記載されているので、

詳しくは各団体の公式HPで調べてみてください◎

麻雀プロ試験の内容は??

プロ雀士になるための登竜門、それがプロ試験です。

 

 

麻雀プロ試験の内容で代表的なものは以下になります。

 

【筆記試験】

・一般教養

・牌効率

・麻雀の一般教養

・点数計算

 

 

【面接】

・将来のビジョン

・志望動機の類

 

(注)単純に好きだから、はNG。これは就職活動等と同じです。

※面接の質問内容に関しては団体や面接官によって異なるため、確実ではありません

 

 

【実戦テスト】

・実力(実際に対局)

・卓上でのマナー

 

 

プロ団体によっては上記以外の対策が必要な項目もありますが、

詳細は各プロ団体の公式HPに過去問が掲載されているので、

 

麻雀プロ試験を受ける方、受けようか検討中の方は

一度過去問に目を通しておくとよいでしょう。

 

 

プロ雀士になる方法は基本的に、

試験に通ることは必須です。

 

 

とはいうものの、

対策をしっかりしていればめったに落ちることもないので、

あまり重くとらえすぎる必要はありません。

 

 

プロ雀士目指して頑張ってください!

本気で麻雀に強くなりたいと想っている方へ

あなたがもし、

「なんとなく好きだからプロ雀士もいいかな~」

というレベルではなく、

 

 

「本気でプロ雀士として食っていきたいんだ!!」

 

という志のもと、

普段から本気で麻雀に取り組んでいるのであれば、

1つの選択肢としてDORA麻雀でプレイすることを提案します。

 

 

「麻雀は賭けないと強くならない」

 

これはご存知、

小島武夫プロや畑正憲プロ(ムツゴロウさん)も語っていることです。

 

 

もちろんこれは万人に対して当てはまるわけではありませんが、

負けられない状況に自分を追い込んで勝負する、

という点では1つの有効な方法でもあります。

 

 

無料オンライン麻雀やノーレート雀荘では、

やはりあなたレベルでガチで打ってくる雀士はほぼいません。

 

 

多くの方は「楽しむ」「暇つぶし」が目的なので当たり前ですよね。。

 

 

一方で、これからプロ雀士として名を売っていくためには

オンライン麻雀で強いことは一つの重要なステータスです。

 

 

天鳳でおなじみ、渋川難波プロの活用方法を

イメージしていただけるとわかりやすいのではないでしょうか?

 

 

<渋川プロがオンライン麻雀をうまく利用している具体例>

↓↓↓             ↓↓↓

 

 

 

つまり、麻雀で強くなるために賭けるということ、

そして、今後のプロ雀士としての幅を広げるために

オンライン麻雀に強くなっておくこと。

 

 

この両方を同時に満たせるのが、先ほど提案したDORA麻雀です。

 

 

国際ライセンスを取得しているため、

日本で唯一の「合法的に賭け麻雀ができる」オンライン麻雀ですし、

最高レートでの最高賞金額は640ドル≒51,200円にもなります。

 

 

実力を高めつつ、オンライン麻雀にも強くなりつつ、

あなたの実力次第ではフリー雀荘でバイトするより

断然稼げる可能性があります。

 

 

残念なことに、2012年2月、

雀荘チェーン店さんの摘発もあったように、

今ではどこの雀荘もリスキーな時代になってしまいました。

 

 

雀荘のメンバーでさえリスクが高いのであれば、

DORA麻雀のハイレートでガチ勝負しながら稼ぐのも

魅力的な選択肢と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

最新の記事一覧

ページ上部に