<?php the_title(); ?>

サラリーマンから麻雀プロへの転職は厳しい?|現実的な問題を知ろう

学生時代に麻雀にのめりこんだ方の中には、

当時は麻雀プロになることを諦めてしまったものの、

サラリーマンになってから再びプロ雀士に憧れる方もいますよね。


 

くまきりあさ美やアンジャッシュの児嶋一哉がプロ雀士の資格を持っている、

なんていうニュースを耳にしたことがあるならなおさら、彼らには失礼ですが

「だったら自分でもなれるんじゃないか?」と思ってしまいます。

 


ただ、既にある程度の収入や大切な人たちを持っている中で、

無鉄砲に麻雀プロを目指すことはなかなかできるものではありません。

全てを投げ打って夢に向かうには、かなりの勇気と覚悟が必要ですから。


 

そこで今回はサラリーマンから麻雀プロへの転職について、

現実的な問題も含めて一緒に考えていきましょう。


 

今すぐ麻雀で稼いでみたい方はこちらの記事をご覧ください>>

収入面-麻雀プロへ転職したらどれくらい変わる?

あなたが一般的なサラリーマンだと仮定して
年収300万円以上稼いでいるとすると、
プロ雀士へ転職したら間違いなく収入は落ちます。

 

(参考記事)プロ雀士の収入・稼ぎ方・給料について

 


あなたの麻雀の実力やブランディング戦略にもよりますが、
多くの麻雀プロは年収200~300万円、特別褒賞(ボーナス)もありません。

 

給料は0円どころか、毎月1万円程度の会費を
所属しているプロ団体に納める必要もあります。


 

麻雀プロへ転職したら、毎月固定で収入を得ている今とは真逆で、
経済的な安定感とは程遠い状況になることを覚悟しておきましょう。

実力で食べていく、プロとはそういうものですからね。

世間的なイメージの問題

囲碁・将棋のプロ棋士と異なり、
プロ雀士の世間的なイメージはまだまだ良くないのが現状です。

 

これに関しては、過去の遺物である「闇賭博」としての麻雀、
「雀荘でたばこをふかしながらやーさんと賭け麻雀」
そんなイメージをいまだに持っていることが原因でもあります。


 

実際には、今は多くの雀荘がかなりきれいな内装にしていたり、
室内禁煙のフリー雀荘、お金を賭けないノーレート雀荘も登場しています。

 

また、今や大人気の萌え系麻雀「咲-Saki-」の影響もあってか、
大学生や高校生の間では競技麻雀として麻雀が広まってきてはいるので、
徐々にイメージの改善は進んでいるとも言えますが。。

 


また、プロ雀士は囲碁・将棋のプロ棋士と比較しても
簡単に資格が取れてしまうことも多く(特に女流プロ雀士)、
実力の面で世間的に軽くみられることが多いことも評判を下げる原因といえます。

プロとは一部の成功者のみ脚光を浴びる世界

上記の通り、麻雀プロへの転職には様々なハードルがあります。

 

イメージや収入面、所属するプロ団体によっては
しがらみや悪しき習慣が残存していることもあります。


ただこういった問題はすぐに、

しかも個人レベルでは解決できる問題ではありません。


 

ですので、サラリーマンからの転職を決意し麻雀プロを目指すのであれば、
しっかりと将来設計を具体的かつ明確に描きながら、
現実的なハードルを越えるために強烈な想い・信念を持ち続ける覚悟が必要です。

 


もちろん、麻雀プロとして安定して食べていくのは厳しいことではあります。

 

 

ですが不可能ではありません。

全ては自分の情熱次第です。

 

 

いずれにしても、後悔の無いように頑張ってくださいね!

 

(参考)麻雀プロに求められる能力・技術とは??


最新の記事一覧

ページ上部に