<?php the_title(); ?>

Maru-Jan(マルジャン)の料金は有料?無料?




 

 

人気オンライン麻雀の1つ、Maru-Jan(マルジャン)の料金システムは

1ゲームごとの従量課金制』になっています。

 

つまり、一局ごとに料金を支払う必要があります。

 

これは雀荘で場代を支払うのと同じですね^^

その分、ダウンロードや会費は無料となっています。

利用料金一覧

Maru-Jan(マルジャン)の利用料金は以下のようになっています。

 

・東風戦1ゲーム⇒80ポイント(80円相当)
・東南戦1ゲーム⇒150ポイント(150円相当)
・三麻1ゲーム⇒100ポイント(100円相当)

 

各対局の種類ごとにポイントを支払い、ゲームをプレイします。

 

また、ポイントの購入は以下の単位になります。

 

・1000円の課金⇒1000ポイント
・2000円の課金⇒2100ポイント
・5000円の課金⇒5800ポイント
・10000円の課金⇒12000ポイント

 

つまり、Maru-Jan(マルジャン)で麻雀を打つためには、

初期費用として最低1000円の課金からのスタートになります。

 

一位の人は無料でゲームに続行できますが、

それ以外の方は1ゲームごとに各ポイント分支払います。

Maru-Jan(マルジャン)の料金は高いのか、安いのか?

Maru-Jan(マルジャン)の利用料金は他のオンライン麻雀と比較しても

基本的に割高と言えます。

 

ロン2や天鳳なら月額課金でも打ち放題、かつ525円や980円と

Maru-Jan(マルジャン)よりも会員費用は安いですからね。

 

ただし、値段が高い分、Maru-Jan(マルジャン)には付加価値があります。

 

それが、『プレイヤーのレベルが高いこと』です。

 

天鳳や雀龍門(ジャンリュウモン)のように、もっと安い値段で楽しめる

無料オンライン麻雀がある一方で、

 

わざわざ1ゲームごとに課金して楽しむMaru-Jan(マルジャン)のユーザーは

それだけ真剣に打ってきますし、勉強熱心な方も多いです。

※あくまで管理人の個人的な感想や口コミ・評判が元の意見です

 

ポイントではあるものの、毎回お金を賭けている感覚ですので、

他の無料オンライン麻雀と比べてアツくなるユーザーが多いのは

ある意味で当然だと思います。

 

この付加価値を高いととるか、安いととるか?

 

あとはあなたの優先順位次第です^^

「でも実際に換金したい!」という人におすすめなのは?

Maru-Jan(マルジャン)はポイントを現金で購入しているので、

お金を賭けている感覚にはなりますが、

 

勝っても次のゲームが無料になるだけで実際にお金を手にすることはありません。

 

つまり、確実に出費がマイナスになることは確定しています。

 

もしあなたが「実質お金賭けてるんだから、勝ったらお金で報酬を得たい!

と思うのであれは、

 

DORA麻雀をプレイしてみてはいかがでしょうか?

 

DORA麻雀はリアルマネーを賭けて勝負できる、

日本で唯一のオンライン賭け麻雀サービスです。

 

2011年にオープンしたためまだまだ認知度は高くはありませんが、

リアルでもネットでも、日本で唯一合法的に賭け麻雀ができる

という強烈な特徴を持つのはDORA麻雀だけです。

 

せっかく1ゲームごとに支払うなら、

勝ったらお金が手に入った方が断然モチベーションが上がる!という方は、

 

DORA麻雀が最適なネット麻雀かもしれませんね^^

 

 

>>DORA麻雀の無料登録は公式HPへ

 

>>DORA麻雀の詳細を詳しく知りたい方はまずはトップページへ

 

 

最新の記事一覧

ページ上部に