<?php the_title(); ?>

雀龍門リーグの特徴を紹介!

雀龍門リーグの特徴とは?

雀龍門リーグは雀龍門(ジャンリュウモン)のメイン大会ですが、

雀龍門リーグの代表的な特徴は以下になります。


・ノーテンリーチ採用

・ナビゲーションシステム撤廃

・マッチングシステムによるプレイヤーのレベル挑戦


「待ち牌表示」や「自動理牌」といった機能をなくした

「ナビゲーションシステム撤廃」も結構斬新ではありますが、


一番特徴だと感じるのは「ノーテンリーチの採用」です。


ノーテンリーチは麻雀漫画の世界ではよく出てきますよね。


相手にブラフとしてノーテンリーチをしたり、

コンビ打ちで対戦相手を降りさせるために意図的にノーリーを仕掛けるなど、

確かに漫画では効果的に使用されています。


現実的にはそもそもマナー違反ですし、

罰符(チョンボ)になるリスクが高すぎることから、

実際にノーリーをするような人はいないと思いますが、


雀龍門のリーグ戦で使えるようになったことから、


「相手を安手で上がらせられなければ確実に負ける…」


というような時にはノーテンリーチで賭けにでるのもありかもしれません◎

ノーテンリーチを仕掛けるような状況を味わいたいなら

ノーテンリーチは基本的にブラフですから、

お互いに大きなプレッシャーを感じるような精神的状況で効果を発揮すると言えます。


麻雀漫画のように、ノーテンリーチを使わざるを得ないような、

ヒリヒリした緊迫感の中麻雀を打ちたいのであれは、


DORA麻雀の高レートでプレイすることをおすすめします。


DORA麻雀では最高レートは128ドル卓≒10,240円卓もあり、

その高レート卓での最高賞金額は640ドル≒51,200円にもなります。


そういった高額な賭け金を支払ってプレイするからこそ

一打一打のスリルは半端ないですし、


麻雀漫画のような心理戦・プレッシャーを利用した戦略も効果的です。


ゲーム性よりも心理的なリアリティーを味わいたいなら、

DORA麻雀も一度味わってみてくださいね。



DORA麻雀の詳細はこちらから公式HPへどうぞ>>

 


最新の記事一覧

ページ上部に