<?php the_title(); ?>

フリー雀荘で確認すべきルールや注意点|初めて行く方へのアドバイス

初めてフリー雀荘に行くあなたにとって、
マナーやルールなど、不安なことはたくさんありますよね。

 

ですが、そういった不安はしっかりと事前に調べておくことで、
ある程度和らげることもできます。

 

 

また、フリー雀荘では基本的にどこも入店時にルール説明があるのですが、
これがかなり長時間で内容もぎっしりと経験者でも理解するのが大変です。

 

 

ですので、初心者の方は「ほとんど訳がわからない…」と
きょとんとしてしまう可能性が高いです。

あらかじめ基本的なルールくらいは知っておいた方が良いでしょう。

 

 

ただ、そうはいっても麻雀のルールは地域によっても変わってきますし
ローカルルールも標準ルールもどこまで確認したらよいやら、という感じですので、
当ページでは雀荘へ行った時に確認すべきルールを紹介します。

 

 

(参考記事)フリー雀荘に行く前に知っておくべきリスクとは?

フリー雀荘入店時に確認すべきルールや注意点

<標準ルール>

 

・25,000点の30,000点返し
・精算は半荘ごと
・赤ドラあり
・順位ウマ採用
・ハコ割れでゲーム終了

 

 

<確認すべきルール・注意点>

 

・赤ドラ

赤ドラは店によってご祝儀になることが多く、
1つにつき100円~500円ほどの額が動くのでバカにならないです。
オンライン麻雀やゲームの時より扱いが難しくなるので気を付けましょう。
・連荘方式

雀荘では連荘はテンパイ連荘とアガリ連荘の2種類があります。
フリーの多くは全局イーファン縛りで東場も南場もテンパイ連荘です。
これがアガリ連荘だと親でもあっさり流れることも多いので注意しましょう。
・ハコ割れで持ち点がちょうど0の時

基本的にはハコった瞬間にゲームが終了しますが、
持ち点がちょうど0だったときに続行できるかトビ扱いになるかは
お店によって異なります。

 

0で続行できたら大逆転の可能性もまだあるわけですので、
ここもしっかり確認しておきましょう!
・ハコ下精算

チェーン店などではハコ下精算なしのところが多いですが、
ありのフリー雀荘だった場合は予算も大目にする必要があります。

特にデビュー時はメンタル的にもドボンしやすいので気を付けましょう!
・オーラスのアガリ止めとテンパイ止め

オーラスで親がアガリ止めやテンパイ止めをすることができます。
基本は親がオーラスで和了してトップの時に選択できますが、
お店によっては2着や3着でもアガリ止めやテンパイ止めを認めていたりします。
・止めたい時はラス半コールをする

フリーではいつでも抜けることができますが、
打ち止めと感じたら半荘が始まる前にラス半コールをしましょう!
・途中流局の有無

4人リーチやトリプルロンなどで途中流局するかどうかも
お店によって異なります。
・ダブロン、トリプルロンはあるか?

フリー雀荘では基本的に頭ハネは採用しておらず、ダブロン有りのケースが多いです。
一方でトリプルロン(三家和)は流局になるケースが多いです。
・お祝儀の条件

お祝儀があるお店では面前のみか、鳴いても貰えるのかがありますので、
お祝儀の条件もあらかじめ確認しておきましょう。

あらかじめ‘賭け’にも慣れておこう!

あなたも仲間内で賭け麻雀をした経験はあると思いますが、
フリー雀荘では知らない人と真剣に勝負するので全く違った心理状況になります。

 

基本的なルールの把握は当然ですが、
フリー雀荘デビューをする前に準備できること。

 

それは「実際に知らない人と賭け麻雀をやってみること」です。

 

見知らぬ人とお金を賭けて勝負するとかなり緊迫しますし、
普段突っ張ってる局面でちきって攻められない、ということもあります。

 

オンラインで賭け麻雀ができるDORA麻雀で
フリー雀荘デビュー前に賭け麻雀にも慣れておきましょう!

 

 

(参考)DORA麻雀について詳しく知ろう!

 

最新の記事一覧

ページ上部に