<?php the_title(); ?>

確定申告時の一時所得の計算方法|DORA麻雀で稼いだ後の注意事項

DORA麻雀でかなり稼いでしまった時に、

心配なのが確定申告ですよね?

 

 

賭け麻雀はやはり勝つ前提で臨むもの。

最初から税金の心配をしているあなたの姿勢は

大変素晴らしいと思います◎

 

 

DORA麻雀で稼ぎすぎてしまった場合の税金については、

DORA麻雀では税金対策は必要?」の記事で詳しく解説しましたので、

まだご覧になっていない方はそちらも確認ください。

 

 

今回は確定申告時の一時所得の計算方法をご紹介します。

 

DORA麻雀では年間50万円以上稼いだ場合、

税金対策として確定申告はしておいた方が良いでしょう。

 

 

ギャンブルで稼いだお金は、基本的に‘一時所得’として扱われます。

それでは、DORA麻雀どれくらい税金にもっていかれるのか?

以下の一時所得の計算式を元にシュミレーションしてみます。

 

 

一時所得=(収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除(50万限度))×1/2

 

 

例えば、10万円投入して、100万円稼いだとすると、

 

一時所得=(100万円-10万円-50万円)×1/2=20万円

 

つまり、20万円分を税金として納める必要があります。

 

 

また、10万円投入して

50万円の稼ぎだった場合(50万円以下のケース)、

 

一時所得=(50万円-10万円-50万円)×1/2=-5万円

 

 

厳密には少し異なりますが、上記の式の結果が

「年間の稼ぎが50万円以下の場合は確定申告は不要」という理由です。

一時所得がマイナスの場合は払う必要ないですからね^^

 

 

DORA麻雀ではあなたの実力次第で

年間50万円以上稼げてしまう可能性がありますので、

その時はこちらの内容を参考にしていただけたら幸いです。

 

 

始める前にDORA麻雀のレベルを確認しよう>>

最新の記事一覧

ページ上部に