<?php the_title(); ?>

DORA麻雀の不正を監査するeCOGRA(イーコグラ)の存在

・DORA麻雀は詐欺サイトではないのか?

・DORA麻雀は本当に不正を行っていないの?

 

 

DORA麻雀ではオンラインで合法的に賭け麻雀ができる、

そんなキャッチフレーズを耳にすると、

誰だってはじめはこういった疑問を抱いてしまいますよね。

 

 

DORA麻雀の安全性については

コチラの記事でも詳しく説明しましたが、

国際法に則ってしっかりと運営を行っているため安心です。

 

 

そしてDORA麻雀の信頼性を高めるもう1つの要素、

それが今回登場する「第三機関eCOGRA(イーコグラ)」の存在です。

eCOGRA(イーコグラ)とは?

 

DORA麻雀の不正をチェックする機関、eCOGRA(イーコグラ)とは、

DORA麻雀の依頼を受けて定期的に監査・審査している機関です。

 


このeCOGRA(イーコグラ)は世界中で大人気の

オンラインゲーミング業界において、

かなり厳格な審査や監視を行うことでも有名です。

 


事実として、DORA麻雀以外にも様々な大手ゲーミング会社が

eCOGRA(イーコグラ)に不正の検証を依頼しています。

 


つまり、eCOGRA(イーコグラ)に問題がないと評価されることが

ユーザーへの安全性に大きく影響しているということです。

運営会社と癒着とかしてないの?

ギャンブル大国でありながら、

ギャンブルに対してネガティブなイメージを持つ我々日本人にとって、

まだまだ疑いは晴れません。

 


「どこぞのパチンコ業界みたいに、裏で癒着してるんじゃないの?」


 

当然管理人もこの疑いを抱きながらリサーチを進めました。

しかし、eCOGRA(イーコグラ)はオンラインゲーミング業界に属さず、

本当に「全く無関係の第三機関」として存在していました。


 

さらに、形態がNGOということから、利益追求に走らないことも

癒着の心配がないと思えた大きな理由の1つです。


 

結論として、監査機関「eCOGRA(イーコグラ)」は信頼できると言えます。

■DORA麻雀は一度きりの審査ではない

いくらeCOGRA(イーコグラ)が信頼できる監査機関だとしても、

最初の1回クリアしただけ、というのではあまり効力はありません。


 

なぜなら、運営側は認定後にいくらでも

プログラミングの改ざん&不正を行えるからです。


 

【定期的に監査を受けている】


 

これがあって初めて、DORA麻雀は不正の心配はないと言えるわけですが、

DORA麻雀はeCOGRA(イーコグラ)の審査を定期的に受けているので、


 

不正や牌操作、イカサマの心配はありませんし、

チートツールの介入する余地も全くありません。

結論

以上のことから、実はDORA麻雀は

日本のどのオンライン麻雀よりも公平性や安全性を保っている

と評価できます。

 

 

雀龍門、桃色大戦ぱいろんのようなゲーム性を優先するものではなく、

実力勝負でガチの賭け麻雀ができる環境に特化したDORA麻雀。


 

オンラインでもガチ勝負がしたいのであれば、

安心してDORA麻雀を楽しんでくださいね。



DORA麻雀の無料登録方法はこちらのページへ>>


最新の記事一覧

ページ上部に