WS001155 100×100

【規模・人数・認知度比較】DORA麻雀vs天鳳!!

DORA麻雀と天鳳の人数の規模・認知度を比較してみましょう。

 

 

今回は圧倒的に天鳳に分があります

 

 

DORA麻雀の登録人数は明記されていないため、

プレイヤーの登録人数に関しての比較はできませんので、

最も多い時間帯の接続人数(ログイン人数)を比較してみたいと思います。

 

 

天鳳は23時~24時の時間帯が最も接続人数(ログイン人数)が多く、

毎日7,000人台のプレイヤーがとりあえず天鳳に接続しています。

 

対してDORA麻雀は、23~24時の参加人数は大体120~150人ほどです。

 

約47倍の差!!

 

 

これは認知度の差がかなり大きいと思います。

 

天鳳は2006年にサービスをオープンさせ、

日本のオンライン麻雀のリーディングサービスとして支持されてきました。

 

対するDORA麻雀は2011年に運営がオープン。

まだ1年ちょっとの歴史しかありません。

 

 

麻雀好きの多くが「DORA麻雀?何それ?」という状況。

また、「お金賭けられるって怪しくない?」と感じている状態です。

 

ですが、DORA麻雀の参加人数は徐々に増えていることから、

実際に賭け麻雀をしたい人が多いこともわかります。

 

無料オンライン麻雀だとどうしても物足りなくなりますからね。。

 

 

まだまだ人数は少ないものの、

Mac(マック)にも完全対応しているし、

実際にお金を賭けられるのはDORA麻雀だけです。

 

 

興味のある人は一度無料トーナメントにでも参加して、

実際に賞金獲得を目指してみてくださいね^^

 

 

>>無料参加のトーナメントで賞金ゲットしたいならコチラ

 

 

最新の記事一覧

ページ上部に